RC構造の繰り返し及び動的解析における格子等価連続体化法の適応性 THE APPLICABI LITY OF THE LATTICE EQUIVALENT CONTINUUM MODEL TO CYCLIC AND DYNAMIC ANALYSIS OF RC STRUCTURE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は、格子等価連続体化法構成式を使用して、地震時の鉄筋コンクリート構造物の挙動を正確に予測する解析ツールの開発を主眼としている。そのため、本研究ではRC要素内に発生する最初のひび割れに対して、直交、非直交の最大計4方向のひび割れが許容できるように構成式の拡張を行った。構築した構成式を用いて、正負交番載荷実験、振動実験を数値解析し、実験値と比較することで、本解析モデルの妥当性、解の収束性、及び適用性について検討を行った。加えて、構成式で使用するパラメータについても検討を行った。Evaluation of the mechanical characteristics of RC structures during earthquakes by using the lattice equivalent model is the main purpose in this study. To apply this analytical model to cyclic stress field, maximum 4 directions of orthogonal crack, non-orthogonal crack model is developed and static cyclic and non-linear dynamic analysises are performed. Comparing those analytical results with the experimental values, the valuation of the behavior in post-peak region and the validity of the model and the parameter of the model are investigated.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (767), 161-176, 2004-08-20

    土木学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013040282
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7078889
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ