片庭川流域における洪水時の浮遊砂・ウォッシュロード観測と流域土砂動態モデルの検討 OBSERVATION AND THE NUMERICAL SIMULATION OF SUSPENDED LOAD AND WASH LOAD FOR THE SEDIMENT TRANSPORTATION ON THE KATANIWA RIVER BASIN

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

片庭川流域において発生した2つの洪水に対し, 流量・粒径別浮遊土砂濃度の時間変化を計測した. その結果, ウォッシュロード濃度の時間変化と浮遊砂濃度の時間変化特性が異なる場合があることを見出した. また, 片庭川流域を対象に, 流域全体で降雨および表面流によりウォッシュロードが, 河道内で浮遊砂が生産され, 流水とともに河道に集められ輸送される過程を表現する数値モデルを構築した. このモデルにより, 1996年洪水, および1997年洪水を対象に, 観測点におけるウォッシュロード・浮遊砂濃度の時間変化の計算を行い, 観測値と比較してその再現性を確認した. ウォッシュロードについては, 表面流により生産されるものと雨滴により生産されるものの割合について数値実験的に考察した.

The authors conducted a set of survey on suspended sediment transportation in the Kataniwa River, during the flood on September 22nd '96, and June 19th '97, and found out that the peak of wash load concentration appeared earlier than the peak of discharge, and fluctuation of wash load concentration followed the fluctuation of the rainfall intensity. To investigate these phenomena, a numerical simulation model, which describes the run-off of water and sediment transportation on the Kataniwa river basin, was developed. The model was given two processes of sediment transportation; wash load yields by the impact of raindrops and surface flow on the surface of basin, and suspended load yields in the channel. The result of simulation showed fairly good agreement with the observed data.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (768), 33-43, 2004-08-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013040578
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7078392
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ