沖縄本島残波海域における潮流および内部波に関する研究 CHARACTERISTICS OF THE TIDAL CURRENTS AND INTERNAL WAVES IN ZANPA-SEA AREA OF OKINAWA ISLAND, SOUTH OF JAPAN

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

複雑な沿岸地形を有すると共に, 急勾配の陸棚斜面を有する沖縄本島残波海域における潮流および内部波の特性が現地観測により明らかにされている. 順圧的な潮流成分は水表面潮汐波とほぼ同位相をとり, 沿岸方向の往復流となっている. これに対し, 岸沖流速成分は主として傾圧モードとなっていることなどが示されている. また, 水温および塩分の観測データや特性曲線を用いた理論解析により, 残波海域の流れが陸棚斜面で作りだされる内部波の影響を大きく受けた流れであることなどが明らかにされている.

Comprehensive observations of tidal currents and water properties (temperature, salinity and density) have been conducted in Zanpa Sea of Okinawa. This sea area has very complicated bottom sea topography, coastal configuration and shelf. Getting the eight significant components of the harmonic tide-current from the raw current data, the characteristics of barotropic tide current and internal waves are clarified. The characteristiccurve analysis of internal wave groups reveals the generating and transmitting mechanisms of the internal waves that mainly control the East-westward current in the sea are identified. These results may contribute to the understanding of the currents around islands of Okinawa.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (768), 131-146, 2004-08-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013040761
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7078508
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ