家畜および市販ひき肉における Arcobacter, Campylobacter, Salmonella の分布状況 Prevalence of Arcobacter, Campylobacter, and Salmonella spp. in Fecal Samples from Livestock and in Retail Ground Meat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

牛盲腸内容75検体、豚直腸内容105検体、鶏盲腸内容32検体および市販牛ひき肉50検体、豚ひき肉50検体についてArcobacer、Campylobacer、Salmonellaの保菌および汚染状況を調査した。腸内容ではArcobacerは3検体(4.0%)の牛、25検体(23.8%)の豚、20検体(62.5%)の鶏から、Campylobacerは57検体(76.0%)の牛、67検体の(63.8%)の豚、16検体(50.0%)の鶏から、Salmonellaは4検体(3.8%)の豚、17検体(53.1%)の鶏から、それぞれ検出された。牛および鶏腸内容由来のCampylobacerはすべてC.jejuniであった。Campylobacerが検出された67検体の豚のうち2検体(3.0%)はC.jejuniのみが、65検体(97.0%)からはC.coliのみが検出された。牛および豚ひき肉からはCampylobacerとSalmonellaは検出されず、Arcobacerが3検体(6.0%)ならびに10検体(20.0%)からそれぞれ検出された。分離Arcobacerの多くはA.buzleriであった。また、豚および鶏腸内容から検出されたSalmonellaの血清型はいずれもS.Infanisが第1位であった。牛、豚、鶏、の腸内容は食肉衛生上CampylobacerやSalmonellaとともにArcobacerによる食中毒の疫源となる可能性が示唆された。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 57(6), 393-397, 2004-06-20

    日本獸医師会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013110531
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    6989161
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ