プロポフォール持続静脈内投与で鎮静管理した重症破傷風の1例 Long-term sedation by continuous infusion of propofol for a patient with severe tetanus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

52歳の女性が畑仕事の帰りに左手を鍬で受傷した。10日後に破傷風の疑いで当院に紹介された。直ちに創の洗浄とデブリドマンを施行し, 抗破傷風人免疫グロブリンと抗生物質を投与した。翌日, 全身筋攣縮と後弓反張が出現したので, 気管挿管と気管切開をし, 人工呼吸を開始した。プロポフォール2mg・kg-1・hr<SUP>-1</SUP>の持続静脈内投与で鎮静し, そのレベルはラムゼー2~3を目安とした。激しい循環動態の変動, 痙攣もなく安定した全身管理を行うことが可能であった。14日後に, 開口障害, 項部硬直が軽快したのでプロポフォールを中止した。27日後に一般病棟に移った。リハビリテーションを行い, 何の後遺症も残さず48日後に退院した。重症破傷風患者の鎮静に初期からプロポフォールの投与は有用である。

A 55-year-old obese woman was admitted to our hospital with difficulties opening her mouth and neck rigidity 11 days after injuring her left hand by hoe. After debriedmant, human anti-tetanus immunoglobulin 4.000IU, benzylpeniculline potassium 12million units and antibiotics were given to her. However systemic muscle convulsion and opisthotonus was occurred next day. The onset-time was about 40hours. Tracheotomy and mechanical ventilation was made under continuous intravenous infusion of propofol at a speed of 2mg kg<SUP>-1</SUP>·hr<SUP>-1</SUP>, to achieve sedation of ramsay score 2-3. There were no severe sympathetic overactivity, systemic convulsion and other complications. After propofol sedation for two weeks, she could wean from ventilator. Propohol can be employed to acquire adequate sedation in patients with tetanus.

収録刊行物

  • 蘇生

    蘇生 23(2), 86-88, 2004-06-15

    日本蘇生学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

ページトップへ