ルネサンス期のイタリアにおける透視図法理論の展開 : バルダッサーレ・ペルッツィの「サン・ピエトロ大聖堂の計画のための鳥瞰図」における作図法 The Development of Prespective Theories in Renaissance Italy : The Drawing Method of Baldassarre Peruzzi's "Bird's-eye View Drawing for a Project of San Pietro"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, イタリアの盛期ルネサンスを代表する建築家の一人バルダッサーレ・ペルッツィが1533年に描いた「サン・ピエトロ大聖堂の計画のための鳥瞰図」を分析対象とし, ルネサンス期のイタリアにおける透視図法の展開過程を考察したものである.考察手順は以下の通りである.1) この図における消点を推定し, それにもとついてこの図を描く際に用いられたであろう作図線を推定復元する.2) イタリアの建築家ジャコモ・バロッツイ・ダ・ヴィニョーラ (1507年-1573年) の著作『実践的透視図法に関する2つの解法』 (1583年) のなかで, ペルッツイの透視図法について記述された文章を鑑み, ペルッツイの作図法を想定する.考察の結果, ペルッツイの用いた作図法は対角線を用いて, さきに描く図そのものの上下寸法を設定することによって, 必然的に図の横寸法が確定される方法であったと考えられる.

This paper is intended as an investigation of “bird's-eye view drawing for a project of San Pietro” by Baldassarre Peruzzi, who is one of architect in High Renaissance Italy. The purpose here is to elucidate the development of perspective theories in Renaissance Italy. I consider the subject under the following heads : (1) the existence of vanishing point and the drawing method of this bird's-eye view drawing, (2) the perspective theory of Peruzzi which infer from the description in Vignola's <I>Le due regole della prospettiva pratica</I>...... (1583) . These analysis lead to the conclusion that the perspective construction of Peruzzi is the method which is necessarily decided width's measure based on a decision of height's measure of a figure by a diagonal line in a picture plane.

収録刊行物

  • 図学研究

    図学研究 38(2), 3-8, 2004-06-01

    日本図学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013138786
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00125240
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875512
  • NDL 記事登録ID
    7012829
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-457
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ