館山湾の砂浜海岸におけるシロギス仔稚魚と餌生物の鉛直分布 Vertical Distributions of the Japanese Whiting, Sillago japonica, Larvae and Juveniles and their Food Organisms at a Sandy Beach in Tateyama Bay, Central Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

館山湾の砂浜海岸砕波帯において、シロギス仔稚魚とその主要餌生物の鉛直分布を明らかにするとともに、シロギス仔稚魚にとっての餌料環境について検討した。調査の結果、合計319個体のシロギス仔稚魚が採集されたが、全ての個体が底層から採集された。また、シロギス仔稚魚の消化管内容物を調査したところ、カイアシ類(アカルチア科、パラカラヌス科、オイトナ属)と多毛類幼生及びアミ類が主要な餌生物であった。これらの鉛直分布を調査したところ、主に表層よりも底層に分布していることが判明した。このことから、底層はシロギス仔稚魚に優れた餌料環境を提供していることが考えられた。一方、シロギス仔稚魚とその主要餌生物が表層よりも底層に多く分布したのは、砕波帯内の流れによってもたらされる受動的な現象ではなく、水流が弱いと考えられる底層において能動的に定位行動を行った結果であると考えられた。

収録刊行物

  • 水産増殖

    水産増殖 52(2), 167-170, 2004-06-20

    水産増殖談話会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013145293
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    7012996
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ