日本周辺における高解像度衛星データを使用した海表面水温図簡易PCソフトウェア-PISCESの開発 Development of PISCES-A User-friendly Software for PC to Produce Sea Surface Temperature Maps from High Resolution Satellite Data around Japan

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

アメリカ海洋大気局のNOAA衛星シリーズに登載された高解像度放射計(AVHRR)より得られるデータを使用し、日本周辺の海表面水温(SS)情報をユーザーに提供するために、SSの継続的な推定をパソコン上で簡単に行えるソフト(PISCES)を開発した。そのシステムは、雲などによるノイズピクセルの除去を目的とし、自動的にコンピュータにより海洋の動的過程の考えを導入した統計的な補間手法を使用し、継続的なSS画像の再生を可能にした。本論文では、PISCESシステムの構成と、その各構成要素に用いられる統計学的アルゴリズムについて解説する。PISCES補間されたソフトウェアからの出力画像は、同日の実在のSSと比較した結果、良い一致を示した(R2=0.999)。また、局在的や中規模の海洋現象において海表面水温の特徴を表現する性能を計るために、東海と三陸エリアのケーススタディーによって検証した。その結果、沿岸域では局在的に短期間に変動する渦を表現しきれない制限はあるが、主な海洋現象を調査する際に非常に役立つことが分かった。さらに、漁業者のニーズに応える可能性があると分かった。

Journal

  • Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography

    Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 68(2), 71-86, 2004-05-31

    水産海洋学会

References:  15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10013145651
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10063434
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    03889149
  • NDL Article ID
    6990550
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-999
  • Data Source
    CJP  NDL  JASI 
Page Top