オーバーデンチャーをめぐる諸問題 : 解決されたもの, 解決途上のもの Problems in Overdentures : What Is Solved and What Isn't

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

オーバーデンチャーは, 歯冠/歯根比の改善や, 咬合平面の平坦化などの利点を有し, 主として少数残存歯症例に効果的に用いられている. しかし, 歯冠を切断し, 根面を義歯で被覆することによる問題点もみとめられる. また, 支台歯の延命効果が大きいことの反面, それをさまたげる修飾要素も多く, 残存歯の寿命を確実に予測することは困難である. 筆者がこれまで経験してきたオーバーデンチャーの症例を概観すると, 次の問題点に対しては, 解決策が得られたように思われる.(1) 根面板の脱落: 接着性レジンセメントの使用,(2) 義歯の破折: 適切な金属補強構造の設計,(3) 支台歯の清掃性の低下: 電動歯ブラシとPMTC. しかし, 残存歯の延命を第一の目的と考えた場合, 疑問と思われる設計のオーバーデンチャーが見受けられることもある. 少なくとも, 移行義歯としてのオーバーデンチャーと, 残存歯のできる限りの延命を意図したオーバーデンチャーとは, 明確に分けて考える必要があるだろう. また, 患者の習癖や, 固有咬合力の違いによって, 残存歯の延命効果が, 期待されたほどに発揮できないこともある. さらに, オーバーデンチャーを選択する時期が遅すぎたのではないかと考えられる症例も散見される. 力のコントロールと, 支台歯の負担能力の確実な予測は, 今後の重要な課題と思われる.

The advantages of overdenture treatment, which is mainly used for patients withonly a few remaining teeth, are that it improves the crown root ratio and easily corrects the occlusal plane. However, there are some disadvantages, which are related to leaving roots of natural teeth andcoverage of the entire occlusal surface of the root. Although the life of the abutment roots will be prolonged, it is difficult to make an accurate estimate of the prognosis of the remaining teeth. Based on clinical experience, the author suggests the following solutions: 1. For loosening of root caps, use adhesive resin cement. 2. For fracture of dentures, make an adequate design of the reinforcement. 3. For caries and periodontal disease, use an automatic toothbrush and perform professional mechanical tooth cleaning (PMTC). However, there are many overdentures with questionable design for the life of abutment roots, so it is important to distinguish definitive prostheses from transitional overdentures. Malhabits and occlusal forces of patients will have some effects on the prognosis of the remaining teeth. Further studies are required to control the forces and prognosis of the abutment roots.

収録刊行物

  • 日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society

    日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society 48(3), 372-383, 2004-06-10

    Japan Prosthodontic Society

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013153787
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197911
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03895386
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ