はたして大臼歯は歯列維持のために必要か? : Kayser の Shortened Dental Arch Concept に関する文献的考察 Is It Necessary to Replace the Molar Regions for Dentition Maintenance? : A Review of Literature : Kayser's Shortened Dental Arch Concept

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 菅野 太郎 KANNO Taro
    • 東北大学大学院歯学研究科口腔修復学講座咬合機能再建学分野 Division of Fixed Prosthodontics, Department of Restorative Dentistry, Tohoku University Graduate School of Dentistry
    • 木村 幸平 KIMURA Kohei
    • 東北大学大学院歯学研究科口腔修復学講座咬合機能再建学分野 Division of Fixed Prosthodontics, Department of Restorative Dentistry, Tohoku University Graduate School of Dentistry

抄録

目的: 欠損部位を補綴するという根源的なことに科学的根拠を示す臨床研究を調査すると, 系統だった臨床研究は皆無である. 歯科治療における補綴すべき歯の数は, 形態学的・運動力学的観点というある一側面のみではなく, もっと多角的側面から決定すべきであると考えられる.<BR>研究の選択: 今回, この考えに対する答えを示唆するであろう, Shortened dental arch (SDA) conceptを提唱するKayser (オランダ) の一連の研究に関するReviewを行った.<BR>結果: Kayserらは, 横断研究より, 対をなす対咬臼歯数3~5ユニットのSDAは, 歯の移動, 咀嚼効率, Temporomandibular disorder (TMD), 歯周組織, 患者の満足感に対して臨床的な問題はなかったと報告し, 前歯と小臼歯は生涯を通じてなくてはならないものであり, 最良の予防と修復を行う価値があると考察している. また, 長期の縦断研究より, SDAにしてから5年以内において, 咬合の安定に関する指標に若干の変化がみられるものの, 観察期間を通じて咬合や患者の満足感は安定していることから, この咬合の変化は, 新しい平衡を導くための適応によるものであると報告し, SDAはそれ自体, 咬合の崩壊を引き起こさないと考察している.<BR>結論: Kayserらの一連の研究により, 欠損補綴に対して歯列を短縮して対応することは臨床的に肯定されることが示唆された. よって, 症例に応じて治療しないという治療の選択肢も補綴学的に追加されうるのではないであろうか.

Purpose: There has been no systematic clinical study of the scientific evidence of replacing missing teeth. We suggest that the number of teeth being replaced should not only be decided from morphologic and dynamic viewpoints, but also from a diverse viewpoint.<BR>Study Selection: To prove the suggestion, a series of research of Kayser (Netherlands) advocating the Shortened Dental Arch (SDA) Concept is reviewed.<BR>Results: Kayser et al. reported that there were no significant clinical differences between a SDA of 3-5 occlusal units (one molar unit is considered to be equivalent to two occlusal units) and a complete dental arch in the migration of teeth, masticatory ability, TMD, periodontal support, and oral comfort. Therefore, it was proposed that the anterior and premolar regions should always get the best quality care throughout life. In long-term longitudinal clinical studies, the SDA group indicated minor changes of the criteria on occlusal stability, however, the occlusal relationship remained stable in the evaluation period. As a result, the studies suggested that the changes were adaptation leading to a new equilibrium and SDA did not result in occlusal collapse.<BR>Conclusions: From this review of literature, it was revealed that the SDA Concept might be a dental therapy validated by the scientific evidence. Consequently, a strategy to reduce complex restorative treatment in the molar area may be accepted.

収録刊行物

  • 日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society

    日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society 48(3), 441-456, 2004-06-10

    社団法人 日本補綴歯科学会

参考文献:  86件中 1-86件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013153957
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197911
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03895386
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ