高濃度オゾンECF漂白の操業状況と晒排水クローズド化 Operating Conditions of High Pulp Consistency Ozone ECF Bleaching

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ECF漂白のシーケンスは,塩素の代替薬品として二酸化塩素を主体に使用するシーケンス(D―ECF)が主流であるが,王子製紙日南工場は,国内で初めての高濃度パルプのオゾン処理を導入したシーケンス(Z―ECF)を採用し,2002年より操業を開始した。<BR>現在までの操業経験より,オゾン段の操業ではパルプ濃度とpH管理が重要なファクターである事が分かっており,現在は安定した操業を行っている。高濃度オゾンECF漂白での,パルプ及び紙製品の品質,抄紙機の操業性は,塩素漂白時と比べて目立った変化はなく,ほぼ同レベルであると考えている。排水中のAOX並びにクロロホルムは,塩素漂白時と比べてそれぞれ90%減,99%減と大幅に減少し,環境負荷の削減を図ることができた。<BR>現在は,さらなる漂白技術向上を目指して,漂白排水回収,洗浄段削減などについて検討を行っている。

High pulp consistency ozone ECF bleaching plant was started up at Nichinan mill in 2002. This bleaching system is the first one in Japan. The operation is now stable through the solution of a couple of troubles during starting stage.<BR>Since we found that the pulp consistency and pH would be effect on the reaction efficiency on ozone stage, they have been carefully controlled as key factors.<BR>There would be almost no difference on pulp quality between ozone ECF and chlorine bleaching. The paper quality and runnability of paper machine seems to be same in both cases.<BR>The content of AOX and chloroform in effluent has been remarkably reduced, by>90% and>99%.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 58(7), 887-891, 2004-07-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013162581
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    GER
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    7008819
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ