BKP水廻しの現状と今後の計画 The Present Condition of Filtrating and a Future Plan of BKP Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中越パルプ工業,能町工場ではN・Lそれぞれに連釜~酸脱・漂白までのパルプ製造ラインを有しており,そのうちN系連釜でNS(高カッパー価,クラフト紙用),NE(低カッパー価,NBKP用)のスイッチ操業を行なっている。<BR>今回,節水の観点からBKP水廻しの1例として,漂白設備の洗浄水フローを取り上げた。漂白設備の洗浄機はN系・L系共にドラムフィルターで構成している。漂白シーケンスはN系がC―Ep―H―D,L系がC/D―E/O―H―Dで現状はコンベンショナルなシーケンスとなっている。<BR>洗浄水は,節水対策として後段(H段・D段)の白水を前段シャワーへ有効利用しているが,このような洗浄水フローの現状とN系過酸化水素漂白強化後の改良点,また今年4月末にN系漂白ラインECF化後の洗浄水計画フローを紹介する。

Nomachi mill has 2 continuous cooking lines for Softwood (N) Pulp or Hardwood (L) Pulp respectively, and each process has individual bleaching system as well. As far as N pulp is concerned we produce both high Kappa-No. pulp for Kraft paper and low Kappa-No. pulp for bleached pulp base paper.<BR>This time, from the viewpoint of water-savings, I take up the washing flow of bleaching process as an example of BKP Filtrating.<BR>We use Drum Filters as the washer of bleaching line for both N and L. As for bleaching sequence we adopt the conventional one, that is to say L is C⁄D-E⁄O-H-D and N is C-E<SUB>p</SUB>-H-D. And we appropriate the filtrate of the last stage (H & D) to the shower of the fist stage effectively.<BR>I explain such a present condition of washing flow and the point of improvement after strengthening the H 2O2 Bleaching line for N pulp, and also introduce the plan of ECF for N pulp that is to be changed from the conventional bleaching process this April.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 58(7), 892-894, 2004-07-01

    紙パルプ技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013162584
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    7008838
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ