5KP漂白工程の操業事例 : 増産による原単位改善 Opearting Experience of Bleaching Plant in #5 KP : Improvement of Mill Water Consumption Rate by Increased Capacity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

当社岩国工場では平成6年に新KPプラント(5KP)をスタートさせた。この新パルプ設備は設計生産量1,200ADT/Dで,各晒タワーにディフューザー洗浄機を持つ3段晒の漂白設備を備えている,当時の最新鋭のプラントであった。設計構想として省エネルギーを各所に取込んでいたが,スタート後も各洗浄機の洗浄効率及び用水原単位の改善に積極的に取組んだ。<BR>洋紙生産の拡大に合わせ1,350ADT/Dまで増産を行ったが,それと伴に用水原単位は向上した。しかしその後ディフューザー洗浄機スクリーンのスケールトラブルが発生,洗浄効率が低下し晒各原単位の悪化を招いた。また,これ以上の増産は非常に難しい状況となっていた。<BR>そこで,対策としてE/H及びDディフューザースクリーンの薬剤洗浄を実施した結果スケールの大半を除去することが出来た。その後スケール付着防止を検討し,C/Dディフューザー洗浄機の2次洗浄水に苛性ソーダを添加することでE/H段でのスケール付着場所を変えることが出来た。それ以来E/H及びDディフューザースクリーンの目詰まりトラブルは皆無となり,それ以降晒各原単位は向上,更に平成10年には1,450ADT/D,14年には1,550ADT/Dの増産まで可能とした。<BR>増産の結果,晒用水原単位は15m<SUP>3</SUP>/ADTと格段に良化し,当社の工場の中でも最高レベルの数値となっている。

A kraft pulp production line at Nippon Paper Iwakuni Mill, # 5 KP, was rebuilt in 1994 and has been operating well. The new line, originally designed as1, 200 daily metric tons for bleached hardwood pulp, has three bleaching stages, C-E⁄H-D, each with a Diffuser Washer to intend energy saving. Since the start-up we have focused on improving the washing efficiency and reducing water consumption.<BR>Although the water consumption rate had been improved with increasing the production, we had difficulty in the bleaching efficiency and productivity due to scale trouble on the Diffuser Washer screens. A chemical washing to those screens was effective in removing calcium scale. Furthermore we found a method to prevent the scale by dosing caustic soda to washings on the secondary stage of the Diffuser Washer. (Pat. ) These approaches have led to improvement of bleaching efficiency and expansion of production ; 1450 mtpd in 1999, 1550 mtpd in 2002. As the result of increase in productivity, the water consumption rate in bleaching process has been significantly improved.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 58(7), 895-900, 2004-07-01

    紙パルプ技術協会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

  • <no title>

    伊藤

    平成7年度紙パルプ技術協会年次大会講演要旨集,名古屋, 131-139, 1995

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013162585
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    7008847
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ