むぎ焼酎粕は宝の山 Technological Possibility on Barley Shochu Industry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最近の酒類生産及び消費数量の推移を見てみると, 特にしょうちゅう乙類の増加が際立っている。これに伴って, 焼酎製造時に副生する焼酎粕の排出量も年々増加する傾向にあるが, その処理技術の開発は焼酎製造業界の重要な課題である。今回は, 焼酎粕の機能性について, 大麦焼酎粕の高度利用を目指した焼酎粕乾燥システムにより生産される発酵大麦ファイバー及び発酵大麦エキスに含まれる機能性成分の探索や用途開発の成果を紹介していただいた。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 99(6), 398-403, 2004-06-15

    公益財団法人 日本醸造協会

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013168318
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    7004862
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ