初期子宮頸癌円錐切除後のフォローアップにおけるHPV DNA診断の有用性の検討 Usefulness of HPV DNA Assay in the Follow-up of Patients Undergoing Conization as the Treatment of Early Stage Uterine Cervical Cancer

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本性感染症学会誌 = Japanese archives of sexually transmitted diseases

    日本性感染症学会誌 = Japanese archives of sexually transmitted diseases 12(1), 176-180, 2001-07-16

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013211952
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10423369
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170324
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ