Furlow 法による口蓋裂初回手術後の言語成績 : pushback 法との比較 Speech Outcome of Double Opposing Z-plasty in Contrast to the Wardill-Kilner Procedure

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本口蓋裂学会雑誌

    日本口蓋裂学会雑誌 25(3), 277-285, 2000-10-31

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013223267
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188874
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03865185
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ