マンモグラフィにおけるコンピュータ診断支援システムの性能評価 The Evaluation of a Computer-Aided Diagnostic System in Mammography

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在開発中のコンピュータ診断支援 (CAD) システムを実際の臨床現場で使用し, その性能を検討した。愛知県がんセンターを訪れた患者202人のマンモグラフィに対し, 乳腺外科医の読影結果とCADシステムの計算結果を比較し, システムの評価実験を行った。その結果, 画像単位の評価では, 腫瘤, 集簇石灰化ともに検出の真陽性率 (TP) は80%以上となり, 比較的高い値を示したが, 画像1枚当たりの偽陽性数は1以上となった。また, 症例単位で評価すると, 腫瘤と集簇石灰化のTPは約95%と良好な結果になった。しかしながら, 本格的な実用化のためには, さらに偽陽性数を減少させることができるようなCADアルゴリズムの改良が望まれる。また, これらの検出率はマンモグラフィの画質やポジショニングによって大きく左右されるため, 撮影者側の技術の向上と画質の管理が必要と考える。

We evaluated the clinical diagnostic value of a computer-aided diagnosis (CAD) system being developed at Gifu University. We compared the diagnoses of breast surgeons in 202 patients who had attended the Aichi Cancer Center Hospital with the analyses of their mammograms by our computer system. We found that the percentage of true-positive results was over 80%for the computer system, but that there was more than one false-positive finding per image. When we consider both detections in each case (not in each film), the percentages of true positive findings were about 95%. However, if our system is to be used clinically it will be necessary to improve the software to reduce the number of false positives. Moreover, with this system, radiological technologists will need to optimise their skills in imaging and be careful in managing image quality, because the detection rate is affected by patient positioning and the image quality of the mammogram.

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 9(2), 219-224, 2000-06-20

    日本乳癌検診学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013224959
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ