乳癌検診における超音波検査の有所見率の検討 Occurrence of Focal Detection Abnormalities in Breast Cancer Screening by Ultrasound

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

超音波検査を乳癌検診に導入するには感度が高く, しかも普遍的な所見を要精査基準とする必要がある。そこですべての腫瘤性病変を取り上げた場合, どのような頻度になるかを調べることを目的とした。<BR>超音波検査を含む乳癌検診受診者200名において, 超音波検査で嚢胞を含む腫瘤性病変が検出されたのは48例 (24%) であった。内部エコーがないものを嚢胞と判定して除いても, 20例 (10%) は内部エコーを有する低エコー病変であった。病変の大きさは嚢胞では20mm以上の大きなものもあったが, 低エコー病変では15mm以下の小さなもののみであった。すべての腫瘤性病変を要精査とした場合の24%, 単純性嚢胞を除いた低エコー病変を要精査とした場合の10%は検診としては高すぎ, 効率のよい検診とならない。そこで超音波検査を乳癌検診に用いるには, どのような所見のものを要精査とするかの基準を定める必要があると考えられた。

We recorded all the focal abnormalities detected in women screened for breast cancer by ultrasound at Tsukuba Total Health Plaza. Among the 200 women tested, the number with focal abnormalities was as high as 48 (24%) : 28 (14% of the total) had simple cysts, and 20 (10%) had either solid masses or complex cysts. Although the diameters of some simple cysts exceeded 20 mm, in most cases the diameters of the abnormalities were equal to or less than 15 mm. Therefore, given the high percentage of abnormalities detected with ultrasound, it is clear that stricter criteria for deciding whether or not a lesion requires further examination are still needed.

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 9(2), 231-235, 2000-06-20

    日本乳癌検診学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013224979
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ