集団検診発見乳癌の年齢層別特徴 Age-Dependent Characteristics of Breast Cancer Patients Identified by Physical Examination at Screening

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

視触診による集団検診で発見された乳癌の年齢層別特徴について検討した。1980年4月から1999年3月までに, 群馬県での集検で乳癌と診断され群馬大学第2外科で治療した156例を対象とし, これらを40歳以下の若年群 (29例), 41歳以上55歳以下の中年群 (79例), 56歳以上の高年群 (48例) の3群に分け比較検討した。若・中・高年群において, (1) 検診時腫瘤自覚例の頻度はそれぞれ24%, 34%, 33%であった。 (2) 二次精検時マンモグラフィで診断された非触知乳癌の頻度はそれぞれ20%, 18%, 2%であった (p<0.05) 。 (3) 非浸潤癌の頻度はそれぞれ23%, 14%, 2%であった (p<0.05) 。 (4) 10年生存率は若年群で最も良好な傾向を示した (NS) 。以上より, 若年群では, 高年群に比べ非触知または非浸潤性乳癌が多く発見され, これらの多くは二次精検のマンモグラフィが診断に有用であった。また, 若年群の集検では高年群に比べ視触診よりもマンモグラフィの方が早期癌発見率の向上に寄与すると考えられることから, 40歳以下の若年期から視触診による検診とベースラインマンモグラフィを開始すべきと考える。

A series of 156 consecutive breast cancer patients identified by breast screening were enrolled in this analysis of their age-dependent characteristics. They were classified into three groups : 40 years or less (young), 29 patients 41-55 years (middle-aged), 79 patients and 56 years or over (old), 48 patients. The percentage of patients who had noticed a breast abnormality on self-examination by the time of breast screening increased from the young to the old patients, but the differences were not statistically significant. Nonpalpable breast cancers and noninvasive carcinomas were more frequently (p< 0. 05) observed in the young and middle-aged patients than in the old patients. Ten-year survival seemed to be better in the younger patients than in the older ones. Breast screening is an effective means of detecting early breast cancers in women aged under 40 years, and breast screening with physical examination and baseline mammography should be recommended for women aged 40 years or less.

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 9(3), 275-280, 2000-09-20

    日本乳癌検診学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013225026
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ