発症から9年間で自然排卵を認めるようになった神経性食欲不振症の一例 A Case of Anorexia Nervosa Who Successfully Recovered Her Natural Ovulation Nine Years after the Onset of Secondary Amenorrhea

この論文をさがす

著者

    • 岡田 正子 OKADA Masako
    • 島根医科大学医学部産科婦人科学教室 Department of Obstetrics and Gynecology, Shimane Medical University
    • 尾崎 智哉 OZAKI Tomoya
    • 島根医科大学医学部産科婦人科学教室 Department of Obstetrics and Gynecology, Shimane Medical University
    • 江田 芳美 EDA Yoshimi
    • 島根医科大学医学部産科婦人科学教室 Department of Obstetrics and Gynecology, Shimane Medical University
    • 宮崎 康二 MIYAZAKI Kouji
    • 島根医科大学医学部産科婦人科学教室 Department of Obstetrics and Gynecology, Shimane Medical University

収録刊行物

  • 思春期学 = ADOLESCENTOLOGY

    思春期学 = ADOLESCENTOLOGY 18(1), 115-118, 2000-03-25

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013225604
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00072144
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0287637X
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ