樹種による防腐処理杭の被害経過の違い

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

奈良県森林技術センター明日香実験林において実施している野外杭試験の中から,9樹種の杭に3種類の防腐薬剤を加圧注入した場合と,6樹種の杭に1種類の薬剤を加圧注入した場合について,20年間の被害経過を示した。処理杭の被害度や耐用年数には,素材の耐朽性や薬剤の注入性により説明可能な部分が見い出されたが,それら以外の要因も影響していたと思われた。

収録刊行物

  • 木材保存 = Wood preservation

    木材保存 = Wood preservation 27(5), 216-224, 2001-09-25

    公益社団法人 日本木材保存協会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013233587
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00240373
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02879255
  • NDL 記事登録ID
    5925439
  • NDL 雑誌分類
    ZP21(科学技術--化学・化学工業--木材)
  • NDL 請求記号
    Z17-745
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ