製材品に生存するマツノザイセンチュウ(Bursaphelenchus xylophilus)に対する加圧注入処理の効果(第1報) : 防腐薬剤の基礎効果 Effects of pressure treatment with wood preservatives on pine wood nematode (Bursaphelenchus xylophilus) mortality (I) : Basic effects of wood preservatives

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マツノザイセンチュウによる森林被害の拡大を防ぐため,欧州や中国向け貨物に用いる針葉樹の梱包材は,マツノザイセンチュウ殺虫のための処理を施さなければならない。ここでは,木材に防腐薬剤を加圧注入する方法がマツノザイセンチュウの殺虫に有効であるかを明らかにするための予備的な実験を行った。CuAz(銅・アゾール化合物系薬剤)とDDAC(アルキルアンモニウム化合物系薬剤:ジデシルジメチルアンモニウムクロリド)をそれぞれ原液を100%とみなして0.25, 0.5, 1.0, 2.0, 3.0%に調整した。有効成分はCuAzとしてO.05, 0.11, 0.22, 0.43及び0.65%, DDACとして0.09, 0.19, 0.37, 0.74及び1.11%となった。これらの薬剤のマツノザイセンチュウに対する24時間後の殺虫効果を調べた。CuAzとDDACは実用濃度以下である0.43%と0.09%で,ともに,3時間後には100%の殺虫効果が認められたことから,CuAzやDDAC等の銅系や有機系の木材防腐薬剤の加圧注入によりマツノザイセンチュウの殺虫は可能であると推測できた。

In order to prevent the spreading of pine wilt disease in forests of the world, wood packing of non-manufactured coniferous wood from Japan to China and EU countries is to be treated to kill pine wood nematodes. A preliminary experiment was carried out to elucidate the effects of wood preservatives themselves on nematode mortality. Pine wood nematodes (Bursaphelenchus xylophilus) were immersed in an aqueous solution of 0.05, 0.11, 0.22, 0.43, and 0.65% as CuAz (copper-boron-azole) active ingredients or 0.09, 0.19, 0.37, 0.74 and 1.11 % as DDAC (didecyl dimethyl ammonium chloride) active ingriedients for 24 hours. Mortality of the nematodes reached 100% after 3 hours in 0.09% of DDAC and 0.43% of CuAz, respectively. Both preservatives have a potential to kill pine wood nematodes within pine wood when timber is fully treated with pressure treatment.

収録刊行物

  • 木材保存 = Wood preservation

    木材保存 = Wood preservation 28(3), 103-106, 2002-05-25

    JAPAN WOOD PRESERVING ASSOCIATION

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013233758
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00240373
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02879255
  • NDL 記事登録ID
    6170238
  • NDL 雑誌分類
    ZP21(科学技術--化学・化学工業--木材)
  • NDL 請求記号
    Z17-745
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ