CCA処理木材の乾留熱分解処理における熱分解液へのヒ素の挙動と精留による分離 Behavior of arsenic and its removal from pyroligneous liquid produced by pyrolysis of CCA-treated wood by rectification

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

建設廃材として廃棄されている大量のCCA処理木材を安全にリサイクルすることは,資源有効利用と環境保全の点において非常に重要である。CCA含有木材の熱分解を行い,そこで生成される熱分解液から精留塔を使って,安全な木酢液を精製するために,ヒ素分離実験を行った。精留前ヒ素濃度が約80ppmであったが,精製後は約1ppmとなり分離効率は99%程度であった。この結果,木質系建設廃棄物を熱分解処理する際に生成される熱分解液からのヒ素の分離に関して精留方法が大変有効であることが示唆された。

It is important to recycle CCA-treated wood waste safely from the viewpoint of efficient utilization of resources and environmental protection. For obtaining of the safe wood vinegar, we tested to remove arsenic from pyroligneous liquid obtained by pyrolysis of CCA-treated wood. Almost 99% of the arsenic could be removed from the pyroligneous liquid containing 80ppm arsenic, resulting in 1ppm of arsenic in the refined wood vinegar. The rectification system was shown to be very effective in removing arsenic from the pyroligneous liquid produced by pyrolysis of CCA-treated wood waste.

収録刊行物

  • 木材保存 = Wood preservation

    木材保存 = Wood preservation 28(6), 236-241, 2002-11-25

    公益社団法人 日本木材保存協会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013233864
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00240373
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02879255
  • NDL 記事登録ID
    6365504
  • NDL 雑誌分類
    ZP21(科学技術--化学・化学工業--木材)
  • NDL 請求記号
    Z17-745
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ