高カルシウム血症による急性腎不全として発症した筋サルコイドーシスの1例 Muscular Sarcoidosis associated with acute renal failure due to hypercalcemia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は74歳,男性. 2カ月来の全身倦怠感,食欲不振,体重減少を主訴に前医を受診し,高カルシウム血症(Ca 14.3mg/dl),急性腎不全(Cr 1.9mg/dl)を指摘され紹介入院.高カルシウム血症の精査でGaシンチ施行し,両側大腿部内側および左下腿内側に集積を認めた.同部筋生検にて筋サルコイドーシスの所見を得た.筋サルコイドーシスが原因での高カルシウム血症による急性腎不全と診断し,ステロイド剤投与を行った処軽快した.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 92(12), 2404-2406, 2003-12-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013257100
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025076157
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ