GRH, CRH分泌不全を伴った視床下部性性腺機能低下症の1例 Hypothalamic hypogonadism associated with GRH and CRH deficiencies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 梅澤 良平 UMEZAWA Ryohei
    • 群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科学(第一内科) Department of Molecular and Clinical Medicine, Gunma University Graduate School of Medicine
    • 橋本 貢士 HASHIMOTO Koshi
    • 群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科学(第一内科) Department of Molecular and Clinical Medicine, Gunma University Graduate School of Medicine
    • 塚越 秀男 [他] TSUKAGOSHI Hideo
    • 群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科学(第一内科) Department of Molecular and Clinical Medicine, Gunma University Graduate School of Medicine
    • 樋口 達也 HIGUCHI Tatsuya
    • 群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科学(第一内科) Department of Molecular and Clinical Medicine, Gunma University Graduate School of Medicine
    • 佐藤 哲郎 SATOH Teturou
    • 群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科学(第一内科) Department of Molecular and Clinical Medicine, Gunma University Graduate School of Medicine
    • 山田 正信 YAMADA Masanobu
    • 群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科学(第一内科) Department of Molecular and Clinical Medicine, Gunma University Graduate School of Medicine
    • 清水 弘行 SHIMIZU Hiroyuki
    • 群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科学(第一内科) Department of Molecular and Clinical Medicine, Gunma University Graduate School of Medicine
    • 森 昌朋 MORI Masatomo
    • 群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科学(第一内科) Department of Molecular and Clinical Medicine, Gunma University Graduate School of Medicine

抄録

症例は36歳,男性.二次性徴の発来なく,種々の検査からLuteinising hormone (LH)-releasing hormone (LHRH)分泌不全による視床下部性性腺機能低下症と診断した.さらにGrowth hormone (GH)-releasing hormone (GRH)及びCorticotropin-releasing hormone (CRH)分泌不全の合併を認め, 3者の視床下部ホルモン分泌不全症と考えられた.しかしMRI上,視床下部,下垂体,下垂体茎及び嗅球に異常なく嗅覚も正常でKallmann症候群は否定された.患者は幼少時には低身長であり現在の類宦官様体型にはGH以外の成長因子の関与が示唆された.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 92(12), 2420-2422, 2003-12-10

    一般社団法人 日本内科学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013257139
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025079213
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ