シロイヌナズナのホウ素トランスポーターBOR1のホウ素輸送における役割 Role of BOR1, an Arabidopsis boron transporter, in boron transport in plants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤原 徹 FUJIWARA Toru
    • 東京大学生物生産工学研究センターPRESTO, JST Biotechnology Research Center, The University of Tokyo ; PRESTO, JST

抄録

ホウ素は土壌溶液からホウ酸として吸収され地上部に送られると考えられている. シロイヌナズナ<i>bor1-1</i>変異株の原因遺伝子として, ホウ素トランスポーターBOR1が同定された. BOR1を酵母で発現させると, 細胞内のホウ素濃度が低下することから, BOR1はホウ素の排出型トランスポーターであると考えられる. BOR1は根の内鞘で発現しており, <i>BOR1</i>遺伝子に変異をもつシロイヌナズナ<i>bor1-1</i>変異株では, 地上部への積極的なホウ素輸送が見られなくなることから, BOR1は土壌からアポプラスと及びシンプラストを経由して中心柱まで輸送されてきたホウ素を, 地上部への輸送のために導管へと積極的にシンプラストから排出するために必須なトランスポーターであると考えられる. BOR1は生物界で初めて単離されたトランスポーターであり, 生物のホウ素輸送の分子機構を解明するきっかけになるであろう.

Boron is considered to be taken up by plants in the form of boric acid and transported to aerial portions. A boron transporter, BOR1, was isolated with the use of <i>Arabidopsis thaliana</i> mutant <i>bor1-1</i>. Expression of BOR1 in yeast cells reduced B concentration in the cell, suggesting that BOR1 is an efflux type transporter of B. BOR1 is expressed in pericycle in the root of the wild type plants and <i>bor1-1</i> mutant plants do not exhibit active B transport to aerial portions of plants. Our physiological analysis suggested that in the roots of Arabidopsis, B is passively transported from soil solution to stele and transported actively in to xylem to be translocated to aerial portions of plants. BOR1 is a B-efflux transporter responsible for the active loading of B to xylem. BOR1 is the first B transporter identified in the living systems and will be a key molecule for the understanding of molecular mechanisms of B transport.

収録刊行物

  • 根の研究 = Root research

    根の研究 = Root research 13(2), 51-55, 2004-06-28

    根研究学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013288259
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11272904
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09192182
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ