根の形態と機能に関する学生実験プログラム : 根長と根域温度が出液速度に及ぼす影響 A laboratory class programme to study root structure and function : Effects of root length and rooting-zone temperature on bleeding rate

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 阿部 淳 ABE Jun
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科 Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo

抄録

トウモロコシ幼植物を材料に用いて, 根系全体の活力を出液速度で評価し, 根量と根域温度によりどのような影響を受けるかを考えさせる学生実験プログラムを提案する. 綿トラップを用いた出液速度測定法と, 格子法による根長の測定法を習得させる.

This programme leads students to discuss effects of root length and rooting-zone temperature on bleeding rate of maize seedlings that is measured as an index of physiological vitality of whole root system. Students also learn modified line-intersection method to measure root length.

収録刊行物

  • 根の研究 = Root research

    根の研究 = Root research 13(2), 61-65, 2004-06-28

    根研究学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013288286
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11272904
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09192182
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ