問診票による口臭を主訴とした患者の分析 Questionnaire Investigation of Patients Reporting Halitosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 口臭外来を受診した756名の患者の問診票を分析することにより, 口臭を主訴とする患者の心理的背景を読み取り, 患者対応を的確にすることを目的とした。口臭を意識したきっかけは, 63.6%が 「人に指摘されて」であり, 「人の仕草や態度で」33.7%, 「自分で気がついた」33.5%であった。口臭を指摘した相手は, 配偶者, 子供, 友人の順であった。口臭を感じる時間帯は 「起床時」が最も多く, 「一日中」「空腹時」「仕事中」「疲労時」と続いた。口臭を意識する時として 「対話中」が最も多く, ついで 「対話中の相手の態度を見た」「常に」「混んだ場所や狭い場所にいる」であった。口臭のため困ることでは 「話をするとき」が最も多く, ついで 「消極的になる」「人と一緒に行動できない」「物事に集中できない」の順であった。口臭に関する相談相手がいないと回答した人が半数以上みられた。また, 人からの指摘はなく自分で口臭に気づいたというケースでは, 人に口臭を指摘されて来院したケースより, 「消極的になる」「人と一緒に行動できない」「物事に集中できない」などの回答が有意に多かったことから, より生活上の制約を感じていることが示唆された。以上より口臭を主訴とする患者を診察する場合, 口臭を他人の態度や自分で気づいたと訴えるケースや, 相談相手がいないケースに, 患者の心理的背景まで考慮した対応が必要となってくると推察される。

Patients reporting halitosis are generally classified into those with objective halitosis and those subjective halitosis. Subjective halitosis patients were further divided into those with psychosomatic halitosis and those with neurotic halitosis. Applying these categorization requires that we know the history of patient anxiety. We analyze patient anxiety using a questionnaire distributed to 750 patients. The ratio of women to men was 2.22. Age distribution was highest among those in their 20s and 30s. The duration of halitosis-induced anxiety was 9.08 years, and one-third of patients have noticed it from an early teen age. The percentage of halitosis noted by others was 63.6%, noted by the subjects themselves 33.5%, and noted by the response of others' 33.7%. Frequently, the spouse noted bad breath followed by the child. Results showed that the number of subjects whose had halitosis was indicated by a spouse was 172, by a child 135, and by a friend 111. Patients noting halitosis in the morning numbered 368, all day long 253, when hungry 188, at work 156, and when tired 140.<br>The questionnaire also indicated that 33.1% of patients had no one tell them about their halitosis.<br>The questionnaire indicated the importance of patient anxiety. It is difficult to determine which criteria may apply at first, but questionnaire helped pinpoint the psychological trend.

収録刊行物

  • 日本歯周病学会会誌

    日本歯周病学会会誌 46(2), 101-110, 2004-06-28

    特定非営利活動法人 日本歯周病学会

参考文献:  28件中 1-28件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013297768
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0019129X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03850110
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ