アスコルビン酸ナトリウム配合歯磨剤の歯周炎に対する臨床効果 Clinical Effect of Dentifrice Containing Sodium Ascorbate on Periodontitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 久野 彰子 HISANO Akiko
    • 日本歯科大学歯学部歯周病学講座 The Nippon Dental University, School of Dentistry at Tokyo, Department of Periodontology
    • 佐藤 聡 SATO Soh
    • 日本歯科大学歯学部歯周病学講座 The Nippon Dental University, School of Dentistry at Tokyo, Department of Periodontology
    • 鴨井 久一 KAMOI Kyuichi
    • 日本歯科大学歯学部歯周病学講座 The Nippon Dental University, School of Dentistry at Tokyo, Department of Periodontology

抄録

本研究の目的は, アスコルビン酸配合歯磨剤の歯周炎に対する臨床効果を検討することである。被験者は, 歯周炎患者53名 (男性15名, 女性38名, 平均年齢44.0歳) であり, 試験は二重盲検法により行った。ゼオライト, モノフルオロリン酸ナトリウムを配合した歯磨剤 (D-1), D-1に1.0%アスコルビン酸ナトリウムを配合した歯磨剤 (D-2), D-1に0.1%酢酸トコフェロール, 0.05%セチルピリジニウム, 0.05%β-グリチルリチン酸を配合した歯磨剤 (D-3), およびD-3に1.0%アスコルビン酸ナトリウムを配合した歯磨剤 (D-4) の4種類の歯磨剤を用意し, そのうち1種類を被験者に4週間使用させた。歯周病の臨床パラメーターは試験開始時, 2週間後, 4週間後に測定し, 比較検討を行った。<br>その結果, アスコルビン酸配合のD-2, およびD-4使用群の出血スコアにおいて, 試験開始時と4週間後の間に統計学的有意差が認められた (p<0.05, p<0.01)。また, 4種類の歯磨剤のうち, D-4が歯周炎の改善に最も効果的であり, gingival index (p<0.01), probing depth (p<0.01), および出血スコア (p<0.01) において, 試験開始時と4週間後の間に統計学的有意差が認められた。これらの結果から, アスコルビン酸配合の歯磨剤が歯周炎に対して有効であることが示唆された。

We evaluated the effect of dentifrice containing sodium ascorbate on periodontitis. Institutional ethics committee approval was obtained prior to the study. Subjects were 53 patients (15 men and 38 wemen, average age : 44.0 years) with periodontits enrolled in a double-blind clinical trial. We prepared 4 types of dentifrice, i.e., that containing zeolite and sodium monofluorophosphate (D-1), that adding 1.0% sodium ascorbate to D-1 (D-2), that adding 0.1% dl-α-tocopheryl acetate, 0.05% cetylpyridimium chloride, and 0.05% β-glycyrrhetinic acid to D-1 (D-3), and that adding 1.0% sodium ascorbate to D-3 (D-4). Dentifrice was randomly assigned to subjects, who were asked to brush twice daily for 4 weeks. Periodontal indices were measured at baseline, 2-, and 4-week evaluation. As a result for mean bleeding scores of D-2 and D-4, the dentifrices containing sodium ascorbate, a statistically significant difference was seen between baseline and 4-week evaluation (p<0.05, p<0.01). Of the 4 dentifrices, D-4 was the most effective. Statistically significant differences in mean gingival index (p<0.01), probing depth (p<0.01), and bleeding score (p<0.01) were seen between baseline and 4-week evaluation. These results suggest that a dentifrice containing sodium ascorbate is effective against periodontitis.

収録刊行物

  • 日本歯周病学会会誌

    日本歯周病学会会誌 46(2), 137-142, 2004-06-28

    JAPANESE SOCIETY OF PERIODONTOLOGY

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013297869
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0019129X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03850110
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ