新生児聴覚スクリーニング Newborn Hearing Screening

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 三科 潤 MISHINA Jun
    • 東京女子医科大学母子総合医療センター Maternal & Perinatal Center, Tokyo Women's Medical University

抄録

言語発達には臨界期があり, できるだけ早期に聴覚障害を発見することが望ましい.新生児期に発見される, 早期療育が必要な中等度以上の両側聴覚障害の頻度は1000出生中の1~2人に起こるが, ハイリスク児のみのスクリーニングではこの半数しか発見されないので, 全出生児対象のスクリーニングが必要である.近年, 自動ABR, TEOAE, DPOAEなどの簡便な聴覚検査機器が開発され, 多数例対象の検査が可能になった.<BR>平成10年度より厚生科学研究において, 約2万例の新生児に自動ABRを用いて聴覚スクリーニングを実施した結果, 正常新生児群では, 両側要再検率0.2%, 片側要再検率0.42%で, 中等度以上の両側聴覚障害9例 (0.05%) , 片側聴覚障害16例 (0.09%) が発見され, ハイリスク群では両側要再検率3.9%, 片側要再検率3.1%で, 中等度以上の両側聴覚障害19例 (2.2%) , 片側聴覚障害15例 (1.7%) が発見された.<BR>平成12年度より年間5万人規模の新生児聴覚検査モデル事業が予算化され, 現在, 12都道府県で実施されている.平成14年3月の調査で産科医療機関の32%が新生児聴覚検査機器を備えている.一方, 主要な療育・指導機関で指導を受けている0歳児の37%はスクリーニングにより発見された児である.現在, わが国の出生児の30%以上が新生児聴覚スクリーニングを受けていると考えられる.

Early identification and intervention are essential for children with congenital or neonatal hearing loss in order to minimize the developmental and academic delays associated with late identification.<BR>The prevalence of moderate to profound permanent bilateral hearing loss is reported in 1-2 among every 1000 births. Half of all children with congenital or neonatal hearing impairment have risk factors, but the other half have no risk factors at all. To identify hearing-impaired infants among these risk-free infants early, universal newborn hearing screening (UNHS) is essential.<BR>Recently neonatal hearing screening is performed using automated ABR, TEOAE or DPOAE. These tests automatically detect the presence or absence of responses within ten minutes without sedation at bedside.<BR>Since November 1998, we have performed a multi-center study of hearing screening using AABR (Natus ALGO-2) for 852 high-risk infants and 18, 157 well babies. Among the well babies, the bilateral refer rate was 0.2% and 9 (0.05%) infants were identified as having bilateral hearing loss. With the high-risk infants, the bilateral refer rate was 3.9% and 18 (2.1%) cases of bilateral hearing loss were confirmed.<BR>A pilot study of neonatal hearing screening sponsored by both the national and prefectural governments started in 2001, and is now going on in 12 prefectures.

収録刊行物

  • 音声言語医学 = The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics

    音声言語医学 = The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 45(3), 212-216, 2004-07-20

    日本音声言語医学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013331479
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00034826
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00302813
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ