マイクロキャピラリーによるグリシンの溶液晶析 Solution Crystallization of Glycine by Using Microcapillary System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

結晶多形を示すグリシンを試料として, 溶液晶析操作と結晶多形制御へのマイクロキャピラリーシステムの適用性を検討した. ガラス板上での溶液滴の自然冷却, 小型の攪拌槽を用いた外部からの冷却, ならびにキャピラリーを利用した急速冷却のそれぞれについて析出結晶形態を顕微鏡で観察した. その結果, 自然冷却と小型攪拌槽では六方晶が得られ, キャピラリーによる急速冷却では準安定相と思われる斜方晶の結晶が得られた. キャピラリーを利用して溶液を冷却することで一般の攪拌槽では到底実現できない急速冷却が可能となり, その結果高過飽和状態からの結晶析出が起こり, 準安定な斜方晶の結晶が安定に取り出せたものと考えられる.

The applicability of a microcapillary system to solution crystallization and polymorphism control of glycine was examined. The precipitated crystals were observed under an optical microscope in the case of 1) spontaneous cooling of a solution droplet on a glass plate, 2) external cooling in a small agitated vessel, 3) rapid cooling using the capillary. With natural cooling and cooling in the small agitated vessel (cases 1 and 2), hexagonal crystals were obtained, while rapid cooling using capillary (case 3)yielded orthorhombic crystals which seemed to be a metastable phase. By cooling the solution using the capillary, extremely rapid cooling was achieved, which is impossible in the conventional agitated vessel, and such cooling resulted in a higher degree of supersaturation, from which metastable orthorhombic crystals were stably obtained.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(2), 177-179, 2004-03-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013341276
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6912841
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ