マイクロプラズマリアクターを利用したベンゼンの直接水酸化反応 Direct Hydroxylation of Benzene Using Micro Plasma Reactor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 安藤 誠 ANDO Makoto
    • 東京工業大学大学院理工学研究科 化学工学専攻 Department of Chemical Engineering, Tokyo Institute of Technology

抄録

マイクロリアクター内での誘電体バリア放電により発生させた大気圧非平衡プラズマを用いて, ベンゼンの直接水酸化反応を進行させ, フェノールを合成することを試みた. 実験の結果, 爆発の危険のあるベンゼン·酸素混合比においても爆発せず, フェノールの生成を確認した. 反応ガスの滞留時間や反応ガス中のベンゼン·酸素比を変化させて実験を行った結果, フェノール収率は滞留時間に対し最適値を取り, また, ベンゼン·酸素比の増加に伴い減少した. 行った実験条件の範囲内で, フェノール収率は最大約2%となり, 本合成法は有効なフェノール生成法となり得ると考えられた.

Direct hydroxylation of benzene to phenol was attempted using a micro plasma reactor, in which the plasma was generated by dielectric barrier discharge under atmospheric pressure. The experimental results showed that the reactor did not explode even with the concentrations of benzene and oxygen involving a danger of explosion, and the formation of phenol was observed. Effects of gas residence time and benzene-to-oxygen ratio in feed were investigated. An optimum residence time was found for the yield of phenol and the yield gradually decreased with increase in the benzene-to-oxygen ratio. Maximum yield of about 2% was achieved, suggesting that the proposed method was effective for the production of phenol.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(2), 183-185, 2004-03-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013341291
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6913057
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ