反応によるガス体積減少が流動触媒層の流動化状態に及ぼす影響 Effects of Decrease in Gas Volume due to Reactions on the Fluidization Quality in a Fluidized Catalyst Bed

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

反応によってガス体積(モル数)が減少する反応を流動触媒層で行った場合の流動化状態を調べるために, ガラス製の反応器を使用して層内で起きる現象を観察した. その結果, 反応が進行すると, 条件によっては層上部の触媒粒子が凝集し, 流動化が停止して, 塔径大の粒子層の塊が流動化ガスによって持ち上げられることがわかった. このようにエマルション相が凝集することの原因の一つとして, エマルション相と気泡相のガス密度の違いが考えられるため, この影響について調べた. その結果, 本反応においては, ガスの密度差は原因とならないことがわかった. モル数減少反応が起きている場合の流動性の低下はエマルション相における反応にともなうガス体積の減少によって, 層が収縮し, 気泡の上昇が妨げられることが大きな原因と考えられる.

We observed the phenomena occurring in a fluidized catalyst bed by using a reactor made of transparent glass in order to study the decrease in fluidization quality during a reaction involving a decrease in gas volume. It was found that the upper part of the bed agglomerated with the progress of the reaction, and defluidization occurred. This agglomerated part was lifted up by the fluidizing gases passing through the column. Since the difference in density between the gases in the bubble and emulsion phases affected the fluidization behavior, we studied the effect of the gas density on the emulsion-phase contraction. In the present study, this effect was found to be insignificant. The decrease in fluidization quality caused by the reaction involving gas volume reduction was considered to be due to the decrease in gas volume in the emulsion phase and the agglomeration of the bed, which prevented the formation and rise of bubbles in the bed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(3), 256-261, 2004-05-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013341439
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6962699
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ