流動層反応器を用いた気相法炭酸ジメチル合成プロセスの開発 Process Development of Vapor-Phase Dimethylcarbonate Synthesis Using Fluidized-Bed Reactor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

炭酸ジメチル(DMC)は多彩な用途をもつ化合物である. 気相でのメタノールの酸化的カルボニル化反応でDMCを合成するための担体および触媒を開発し, 開発したCuCl<SUB>2</SUB>/NaOH/活性炭触媒に対して最適条件の探索を行った. 反応温度の制御と触媒再生のためには流動層反応器が適している. 小型(内径13.3 mm)とベンチスケール(内径53.5 mm)の流動層反応器を用いてDMCの合成反応を行った. ベンチスケール反応器を用いた実験は, 200時間以上の長期運転でも良好な反応成績を示した.

Dimethylcarbonate (DMC) has been attracting wide attention as an environmentally benign chemical raw material. To develop a vapor-phase synthesis process of DMC by oxidative carbonylation of methanol, effects of reaction conditions have been investigated over CuCl<SUB>2</SUB>/NaOH/activated carbon catalysts. A fluidized-bed reactor is preferable for the vapor-phase DMC synthesis, considering the need for temperature control and continuous catalyst regeneration. Experiments using small-scale (13.3 mmID) and bench-scale (53.5 mmID) fluidized bed reactors were carried out. Bench-scale reaction including catalyst regeneration showed good performance over 200 hours.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(3), 262-266, 2004-05-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013341453
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6962706
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ