上部絞り型流動層による粒子輸送 Upward Transport of Solid Particles from a Fluidized Bed with a Cone-Type Freeboard

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

下降流反応器, ダウナーは高い気固接触効率や選択性などの顕著な利点が期待されている. それを利用する接触循環プロセスにおいては触媒粒子を効果的に再生するとともに, 再生塔からダウナー上部へ円滑に輸送することが肝要である. このような背景から再生粒子の円滑な輸送を効果的に実現する上方へ断面積を絞ったコーン状フリーボードを有する二次元流動層実験装置を用いて粒子の上方への輸送特性を求め, さらにこの方式の新しいFCCプロセスへの適用性について検討した.

A downflow-type reactor, or downer, is expected to provide high gas-solid contact efficiency and reaction selectivity. In a catalyst-circulating process, for example, an HS-FCC process, steady upward transportation of catalyst particles using a riser to the top a downer is very important, together with efficient catalyst regeneration. Particle-transport characteristics from a freeboard to the riser were investigated using a fluidized bed with a cone-type freeboard for a variety of experimental conditions of gas flow rate, bed depth, and bed structure. The applicability of this concept to HS-FCC processes is also discussed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(3), 267-271, 2004-05-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013341471
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6962713
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ