気流層型シラスマイクロバルーン連続製造装置の開発 Development of an Entrain Bed Reactor for Producing Shirasu Microballoons

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 和田 浩之 WADA Hiroyuki
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University
    • 大角 義浩 OHZUNO Yoshihiro
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University
    • 伊地知 和也 IJICHI Kazuya
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University
    • 上村 芳三 UEMURA Yoshimitsu
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University
    • 幡手 泰雄 HATATE Yasuo
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University

抄録

シラスからシラスバルーンが製造されることは広く知られている. 本研究ではシラスバルーンのさらなる機械的強度の増加などの高付加価値化を達成し, 需要の拡大を目指して粒子径20 μm以下のシラスマイクロバルーン(Shirasu microballoon;SMB)の製造を行った. すなわち, ライザー下段温度を変化させて, それがかさ密度, モルフォロジーに及ぼす影響を検討した. 結果として1175 Kの時にかさ密度が最も小さく, 粒子径が20 μm以下のシラスマイクロバルーンを製造することができた.

It is widely known that shirasu balloons are produced from shirasu. This study, aimed to develop a continuous reactor for producing shirasu microballoons of less than 20 μm in diameter. The effect of the riserbottom temperature on the bulk density and morphology of shirasu microballoons was investigated. It was found that the bulk density of shirasu microballoons reached a minimum at 1175 K and that shirasu microballoons with a particle size of 20 μm or less could be produced.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(3), 298-299, 2004-05-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

ページトップへ