IgA腎症

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

IgA腎症に対する治療の基本は,個々の患者の病態に適合した治療法を選択することである.クレアチニンクリアランス70ml/分以上かつ尿蛋白1~2g/日で,腎生検所見上慢性病変が軽度で急性炎症所見が主体の症例が副腎皮質ステロイド療法の良い適応となる.一方,慢性病変を主体とし緩徐に進行する病態に対してはレニン〓アンジオテンシン系阻害薬や低蛋白食, fish oilによる治療などが選択される.すでに腎機能が中等度以上に低下した症例や,慢性硬化病変が主体をなす症例ではステロイド療法のみでは長期的な腎機能保持は期待できず,これらハイリスク患者の腎機能予後を改善しうる有効な治療法の開発が望まれる.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 93(5), 912-922, 2004-05-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013354314
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025076170
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ