高血圧を伴う腎障害

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

腎硬化症とは腎実質が炎症性変化後の線維化によって硬度を増した状態をいうが,一般に高血圧・加齢・動脈硬化などとの関連が深いと考えられている.種々の高血圧治療が進歩した現在においても腎硬化症からの末期腎不全患者は増加しており,その病態の解明および治療法に関する新知見が求められる.種々の薬剤を用いた十分な降圧,特にアンジオテンシン系の抑制薬を用いた高血圧早期からの治療が有効であると考えられる.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 93(5), 923-927, 2004-05-10

    一般社団法人 日本内科学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013354320
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025076186
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ