日本人の疫学

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 榊原 博樹
    • 藤田保健衛生大学呼吸器内科・アレルギー科

抄録

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は無呼吸-低呼吸指数(AHI)が5/h以上の睡眠呼吸障害(SDB)と日中の眠気などの自覚症状をもつときに診断され,その有病率は30歳以上の男性の4%,女性の2%を占める.症状の乏しいSDBを含めると30歳以上の男性の24%,女性の9%にも達する. SASは言うに及ばず,症状の乏しいSDBであっても,放置されると高血圧の発症因子となり,冠動脈疾患や脳血管障害の発症にも関与する. SASのほとんどは,舌や咽頭軟部組織(軟口蓋や扁桃など),顎顔面形態などの異常に基づいて発症する.肥満はSASの増悪因子だが, SASの発症にとって十分条件でも必要条件でもない.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 93(6), 1069-1076, 2004-06-10

    一般社団法人 日本内科学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013354517
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025075296
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ