輸血過誤の現状と対策

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

輸血過誤によるABO異型輸血の実態が,日本輸血学会による全国調査によって明らかになった.全国の大病院の約20%が異型輸血を経験していた.原因は,輸血用血液バッグの取り違え,血液型判定ミス,患者の取り違えなどが多く,輸血過誤の当事者としては,看護師,医師,検査技師の順に多く関わっていた.この結果に基づいて,日本輸血学会は,輸血過誤防止対策として,輸血実施手順書と不適合輸血治療マニュアルを作成し,全国の病院での普及に努めている.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 93(7), 1382-1391, 2004-07-10

    一般社団法人 日本内科学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013354824
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025076014
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ