副交通胆管枝の1例 A case of communicating accessory bile duct

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

非常にまれな副交通胆管枝の1例を報告する. 胆道造影では肝門部で肝管はあたかもcircuitのようで右の後区域と内側区域の枝には共通管が存在し, 前区域枝と後下亜区域枝は独立して分岐していた. 総胆管と右肝管をつなぐ副交通胆管枝が存在し, 胆嚢管, 後下亜区域枝が分岐していたか, 左肝管と総胆管をつなぐ副交通胆管枝が存在し, 後下亜区域枝は総胆管から分岐する肝外胆管走行異常を合併していたと結論づけた.

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 101(7), 783-787, 2004-07-05

    一般財団法人 日本消化器病学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013355159
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ