ERCP後3D-CTにて詳細を把握し得た特異な副膵管癒合を成す膵・胆管合流異常の1例 A case of pancreaticobiliary maljunction complicated with particular accessory pancreatic duct detected by Three Dimensional-CT after ERCP

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

副膵管が二股に分岐し, 一方が総胆管起始部に, もう一方が主膵管に交通した総胆管嚢腫をともなう膵・胆管合流異常の1例を経験した. 一般に膵・胆管合流異常は腹側膵と背側膵の癒合以前に生じる腹側膵と胆道系の形成不全であり, 背側膵原基由来の副膵管と胆道系は交通しないとされる. この説に従い, 明瞭に描出し得たERCP直後の3D-CTを検討し, 発生学的考察を行った.

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 101(7), 788-792, 2004-07-05

    一般財団法人 日本消化器病学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013355178
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ