土木構造物におけるコンクリートの表面被覆および表面改質技術について Durability Enhancement Technology using Surface Protection and Surface Improvement for Reinforced Concrete Infrastructure

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

土木分野のコンクリート構造物では, 美観を損なう, 被覆材が早期に劣化するなどの理由から, コンクリートの打ち放しが一般的であり, 表面被覆を施す構造物が建築構造物に比べて極めて少ないのが実状である。しかし, 最近, コンクリート構造物の早期劣化が問題となっており, 土木構造物においても表面被覆・改質技術の適用が拡大しつつある。土木学会コンクリート委員会「コンクリートの表面被覆および表面改質技術研究小委員会」では, 2001年より2年間にわたって当該技術の調査・検討を行っており, その成果を基にしてコンクリートの表面被覆および表面改質に関する技術の現状について概説する。

Concrete infrastructures have been generally constructed using exposed concrete finishing on their surface since additional finishing materials are considered to rather deteriorate durability. This is very different from building structures, which are usually coated with various finishing materials. However, durability enhancement in concrete infrastructures recently attracts heavy social interests, where applying modern surface protection and surface improvement technology appears to effectively contribute. Hence JSCE technical committee has focused this technology since 2001, in which this technology is demonstrated substantial potential. This article summarizes the state-of-the-art of this technology based on the activity in the committee.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal

    コンクリート工学 = Concrete journal 42(10), 3-11, 2004-10-01

    日本コンクリート工学協会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013364337
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    7107899
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ