盛土材料としての泥岩岩砕の力学特性 MECHANICAL PROPERTIES OF MUDSTONE AS BANKING MATERIAL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

泥岩岩砕を盛土材料として利用する場合は, 締固め状態やその後の環境条件を考慮に入れた評価が重要になる. 本論文は, 新潟県内のトンネル施工現場から掘削排出された泥岩に対して締固め試験や強度試験を行い, 締固めた泥岩岩砕の力学特性を調べたものである. ここでは, 盛土材料として現実的な課題になる締固め後の水浸条件や劣化・スレーキングに伴う強度への影響を, 一軸圧縮試験および三軸圧縮試験を行うことにより明らかにしている. また, 締固めた泥岩を水浸させた後の破壊規準は, ここで定義した締固め降伏応力によって過圧密と正規圧密領域に区分することが可能であり, 締固め降伏応力は乾操密度で評価できることを示した.

This paper describes the effective utilization of mudstones as a banking material. Mudstones are produced in abundance from construction work. Compaction tests, unconfined compression tests and triaxial compression tests were performed on mudstone to investigate the effects of inundation and slaking after compaction on mechanical properties of compacted mudstone. It is found that the failure envelope after inundation of compacted mudstones may be divided into normally consolidated and over-consolidated states using the compaction yield stress. In addition, the compaction yield stress can be readily evaluated from the dry density of mudstones.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (771), 61-70, 2004-09-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013366138
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7111161
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ