ロックフィルダムの実測応力ならびにひずみ挙動に関する検討 STUDY ON THE OBSERVED STRESS AND STRAIN OF ROCKFILL DAMS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ロックフィルダムの力学的挙動の課題として, フィルタ部への応力集中とコア部の応力低下, 地震に対する堤体の耐震性能照査法の高度化ならびにコンクリート表面遮水壁型ロックフィルダムへの新たな取り組みなどがあり, 堤体挙動解析手法の高度化が進められている. 本研究は, 上記課題を考慮して堤体挙動評価の基本となる静的挙動のうち, 実測された応力ならびにひずみ挙動について検討した. 4つのロックフィルダムにおける築堤および湛水時の堤体挙動記録を全般にわたって比較分析し, その中から上記課題に資する堤体挙動評価の可能性をとりまとめた. その結果, 今後のダム設計の見直しや堤体挙動解析の高度化に資する有益な知見を提示した.

There are several themes in the mechanical behavior of a rock-fill dam. They are the stress concentration at the filter zone, the drop of the stress at the core zone, the highly sophisticated analysis method of the earthquake resistance of a rock-fill dam, and the new design method of a concrete-faced rock-fill dam (CFRD). In this study the stresses and strain behavior observed at the 4 rock-fill dams were compared with each other and analyzed from an overall viewpoint. The authors believe that the present investigation could provide useful information to dam design method and sophisticated analyses of dam body behavior.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (771), 265-280, 2004-09-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013366393
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7111279
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ