唇裂口蓋裂の病因となる候補遺伝子TGFα、TGFβ2、TGFβ3の日本人における研究(第2報) Studies of candidate genes TGFα, TGFβ2, and TGFβ3 in the etiology of cleft lip and palate in Japan

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本衞生學雜誌

    日本衞生學雜誌 54(1), 184, 1999-04-15

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013388997
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00185923
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00215082
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ