遺伝子改変マウスを用いたPACAPのインスリン分泌調節 PACAP modulation of insulin secretion in gene-manipulated mice

この論文をさがす

著者

    • 富本 修平 TOMIMOTO Shuhei
    • 大阪大学 大学院 薬学研究科 神経薬理学分野 Laboratory of Molecular Neuropharmacology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University
    • 橋本 均 HASHIMOTO Hitoshi
    • 大阪大学 大学院 薬学研究科 神経薬理学分野 Laboratory of Molecular Neuropharmacology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University
    • 新谷 紀人 SHINTANI Norihito
    • 大阪大学 大学院 薬学研究科 神経薬理学分野 Laboratory of Molecular Neuropharmacology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University
    • 牡鹿 達也 OJIKA Tatsuya
    • 大阪大学 大学院 薬学研究科 神経薬理学分野 Laboratory of Molecular Neuropharmacology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University
    • 馬場 明道 BABA Akemichi
    • 大阪大学 大学院 薬学研究科 神経薬理学分野 Laboratory of Molecular Neuropharmacology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 118(1), 152P-153P, 2001-10-20

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013403784
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00155691
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ