注意欠陥/多動性障害モデルラットの自発的交替行動障害におけるアンドロゲンの役割 Role of androgen on impairment of spontaneous alternation behavior in juvenile stroke-prone spontaneously hypertensive rats, an animal model of attention-defficit/hyperactivity disorder

この論文をさがす

著者

    • 上野 健一 UENO Ken-ichi
    • 北海道大学大学院医学研究科神経薬理学分野 Departments of Neuropharmacology, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 富樫 広子 TOGASHI Hiroko
    • 北海道大学大学院医学研究科神経薬理学分野 Departments of Neuropharmacology, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • JESMIN Subrina
    • 北海道大学大学院医学研究科循環病態内科学分野 Departments of Cardiovascular Medicine, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 佐久間 一郎 SAKUMA Ichiro
    • 北海道大学大学院医学研究科循環病態内科学分野 Departments of Cardiovascular Medicine, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 山口 拓 YAMAGUCHI Taku
    • 北海道大学大学院医学研究科神経薬理学分野 Departments of Neuropharmacology, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 齋藤 秀哉 SAITO Hideya
    • 日本赤十字北海道看護大学基礎科学講座 Department of Basic Sciences, Japanese Red Cross Hokkaido College of Nursing
    • 吉岡 充弘 YOSHIOKA Mitsuhiro
    • 北海道大学大学院医学研究科神経薬理学分野 Departments of Neuropharmacology, Hokkaido University Graduate School of Medicine

収録刊行物

  • 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology

    日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology 23(6), 248, 2003-12-25

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013403853
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10437793
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13402544
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ