DYT1遺伝子異常を伴う全身性ジストニアに対する両側淡蒼球刺激治療 : 症例報告と刺激条件についての考察 Bilateral pallidal stimulation for generalized dystonia with DYT1 gene mutation : Case report with special reference to the stimulating paradigm

この論文をさがす

著者

    • 山田 和慶 YAMADA Kazumichi
    • 熊本大学 大学院医学薬学研究部 先端生命医療科学部門 脳・神経科学講座 脳神経外科学分野 Department of Neurosurgery, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University
    • 後藤 恵 GOTO Satoshi
    • 熊本大学 大学院医学薬学研究部 先端生命医療科学部門 脳・神経科学講座 脳神経外科学分野 Department of Neurosurgery, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University
    • 梶 龍兒 KAJI Ryuji
    • 徳島大学 大学院医学研究科 感覚情報医学講座 神経情報医学(臨床神経学)分野 Department of Clinical Neuroscience, Graduate School of Medicine, the University of Tokushima

収録刊行物

  • 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery

    機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery 42(2), 86-87, 2003-12-29

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013405909
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1194848X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13449699
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ