液体蟻酸メチル中における一酸化炭素溶解特性に関する研究 Solubility of Carbon Monoxide in Liquid Methyl Formate

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

蟻酸メチルの分解・合成反応を活用し,産業排熱の回収,輸送を実現するケミカルヒートポンプシステムを設計する為に,液体蟻酸メチル中での一酸化炭素溶解平衡について基礎的な知見を得ることは重要である.特に本研究では液体蟻酸メチル中で溶解する一酸化炭素が,蟻酸メチル分解・合成反応の反応機構を支配する重要な要因となると考えられる為,温度303~373K,全圧0.5~2.2MPaの範囲で,液体蟻酸メチル中での一酸化炭素の溶解度特性について実験及び検討を行った.実験結果より,同じ温度でも一酸化炭素の分圧が上昇するにつれて,気体の溶解特性を示す一酸化炭素とフガシティの比(<i>f</i><sub>CO</sub>/<i>X</i><sub>CO</sub>)の値も大きくなる傾向のある事が判明した.さらに溶解度及び(<i>f</i><sub>CO</sub>/<i>X</i><sub>CO</sub>)を整理し,分圧及び全圧を考慮した液体蟻酸メチル中における一酸化炭素の溶解特性を示す実験式を作成した.

Decomposition and synthesis reactions of methyl formate are potentially useful for recover of the waste heat from factories and for air conditioning of residential areas. In this study, solubility of carbon monoxide in liquid methyl formate was measured to get fundamental data for designing a chemical heat pump system. The solubility of carbon monoxide in liquid methyl formate was measured for pressures between 0.5 MPa and 2.2 MPa and temperatures between 303 K and 373 K. Empirical correlations for the solubility were derived by the method of least squares for the temperature and pressure terms. The results of the solubility measurement, demonstrated that the ratio of fugacity to mole fraction of carbon monoxide increases with the increase of temperature. Furthermore two empirical formulas of solubility characteristics were obtained as functions of the temperature and the total pressure or the partial pressure under vapor-liquid equilibrium conditions.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 28(4), 468-472, 2002-07-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013409302
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6240524
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ